<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

本丸と要素

f0105694_2122127.jpg

by mydocumentary | 2010-11-19 21:09 | Photographic Art | Trackback | Comments(0)

芯のある柔らかさ

f0105694_21304245.jpg

最近のデジタル一眼は画素数が増えてきたこともあり、レンズ選びが難しくなってきた。

最新鋭のレンズは固めに、カッチリと写る傾向があり、逆に古いレンズは、ボヤけた感じになりやすい。

私がズームレンズを選ぶ場合、もっとも重要視することの一つが、

芯のある柔らかさが表現できるかどうかである。

個人的なお気に入りのレンズは、TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR Di

開放で撮ると、ピントの合ったところに芯があり、それ以外のところが、ふわっと柔らかくボケる。

女性を撮る場合、しっとりとした柔らかい雰囲気に表現できる。

純正のEF24-70mm F2.8L USMも使っていたが、個人的には、

SP AF28-75mmF/2.8 XR Di の開放で撮った絵の方が好きだ。

ただ、人間が作るものなので、どうしても多少製品にバラつきがでる場合もある。

カメラとの相性も含め、とにかく買ってみないと分からない。。(笑)

あとはこのレンズのクセや特徴を見分けながら、上手くコントロール出来れば、情緒的な立体感のある、柔らかい写真が撮れる素晴らしい名玉になる可能性がある。
by mydocumentary | 2010-11-16 21:52 | 風景 | Trackback | Comments(0)

エッセンスからの広がり

f0105694_20214188.jpg

by mydocumentary | 2010-11-12 20:21 | 風景 | Trackback | Comments(0)

魅せる 輝き

f0105694_0462714.jpg

そのまんま頂き。
by mydocumentary | 2010-11-09 23:38 | 風景 | Trackback | Comments(0)

光を入れる

f0105694_23502117.jpg

最近、このブログの写真に光を入れることが多くなった。

まあ本当は撮る段階で入れられれば理想なんだが、そういう分けにもいかないんで…。

デジタル技術があれば、かなりの部分が後処理でできるようになった。

ただどうしても出来ない部分、というのはまだあるんだよね~。

というか、最後の部分だけは残ってほしい。
by mydocumentary | 2010-11-08 23:56 | 風景 | Trackback | Comments(0)

想定外からのバランス

前回、Girls' Generation (SNSD)のダンスの振り付けについて書いたが、

今回はそのプロモーションビデオの、特に演出・編集手法について

これも私の感覚的なものを言語に置き換えるので、ほとんどの人には伝わらないかもしれないが、私の備忘録として書いておく。

このプロモーションビデオを初めて見たのは家電量販店のテレビ画面。

一瞬釘付けになってしまった私は、

思わずこれは…

と、感じたのは、1980年代中頃だと思うんだが、Yes Coke Yes時代のコカ・コーラのCM(学食編?)30秒バージョンを思い出してしまった。

このCMを初めて見たとき、その斬新な演出・編集手法に感動し、将来CM業界に入ろうと心に決めた。

(テレビ業界に進んでしまったが…)

それまでの映像(最近の映像もそうだが…)、カットのタイミングが想定の範囲内の場合が多い。

確かに想定の範囲内だと、音楽に合わせるのは楽だし、見ている方も心地良く、安心感がある。

ただこの時のコカ・コーラのCMは、私の感覚だけで言うと、通常のタイミングより、1フレーム~3フレームぐらい早く、

想定外のタイミングでカットが入ってくる。

ただ、その想定外の映像のカットのタイミングに、しっかりとしたバランスのリズム感を保った映像(人物の動きなど)を入れることによって、なんとも言えない、気持ちを高揚させる雰囲気を醸し出し、最終的にはしっかりと音楽とのバランスをとっている。

不協和音を聞いたあとに美しい和音を聞くような、なんと言うか、心を揺さぶられるのである。

私も企業向けのプロモーションビデオの企画・演出をしていたときは、この手法をよく試みた。

私はクライアント試写のとき、クライアントの目線、仕草、さらには“気”の部分にまでよく観察し、

映像を見ているとき、クライアント目線がそれたり、体が動いたり、"気”の集中力がなくなったと感じたときは、クライアントに言われなくても、その部分を読み取って、その後に修正した。

あまり、この演出・編集方法を使い過ぎると、見ている人も疲れてしまうので、休むところと、攻めるところバランスよく考える。

映像を見ている時間を忘れさせることが出来れば成功である。

Girls' Generation (SNSD)のプロモーションビデオは、すごく繊細なことなんだけど、よ~く、マーケティングしているな~

というのが、個人的な感想である。

演出と編集ではガンガン攻めて、振り付けは、内側系。。

それで、アーティストはカワイイ系というよりはスタイリッシュ系という絶妙なバランス。

それと、全身と全体(グループ)のダンスをしっかりと魅せている。
by mydocumentary | 2010-11-06 21:35 | Trackback | Comments(0)

内側系と外側系

Girls' Generation (SNSD)

という韓国のアーティストが大人気ということで、その映像を見た。

思わず私はそのダンスを見入ってしまった。

私なりの感覚を言語に置き換えて表現すると、スタイリッシュ系の女性アーティストの場合、外側系のダンスをする場合がほとんどのような気がするが、

彼女たちは、あのスタイリッシュなイメージを保ちながら、内側系のダンスで、とても魅力的な世界観を創りだしている。

内側系とは、キュートな雰囲気を体の内側に内側に凝縮させながら、ポップに勢いよく弾け飛ぶといったイメージ。

外側系とは、軸は中心の内側にあるが、外側に弾けるようなイメージ。

もっと分かりやすい例で言うと、

内側系のダンスをゴッツイ男が踊ると、オネエ系になってしまうか、思いっきりギャグになる。
女性と同じ振り付けで、同じフロアーで踊ると、ゴッツイ男は完全に浮いてしまう。(笑)

外側系のダンスをゴッツイ男が踊ると、女性と同じ振り付けで、同じフロアーで踊ってもあまり違和感を感じない。

個人的な好みで言うと、男性系と女性系の踊りは違う方がコントラストが美しい。

スタイリッシュでスマートな女性グループアーティストが、内側系のダンスを洗練された高次元のレベルで踊る。

ある意味、空白的スポットに光を当てた、マーケティング的にも面白い戦略。

こういうタイプがヒットすると、似たようなグループが出てくるのだろうか…

似たようなタイプでも、ちょっとクリエイティブ的に工夫があると、結構楽しめると思う。

それと、まだまだ空白的なスポットはいくらでもあるので、新たなタイプのアーティストが出てきてもらいたいと願っている。
by mydocumentary | 2010-11-02 22:00 | Trackback | Comments(0)

有為転変

f0105694_2316574.jpg

by mydocumentary | 2010-11-01 23:17 | 風景 | Trackback | Comments(0)
Profile
Contact Me

instagram.com/shine_people_japan

このブログの画像や文章を、事前の許可なく使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
お祭り・イベント
競技・大会
よさこい祭り(高知県)
風景
京都・奈良
老若男女
Photographic Art
海外
映像・動画
未分類

記事ランキング

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

ブログパーツ