<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鳴子の美学 鳴子の造形美

f0105694_216023.jpg

f0105694_216915.jpg

写真を撮る感覚で言うと、正直言って

扇子、提灯、傘、太鼓などの方が絵になりやすいし、ビジュアル的にも面白く、踊りも大きく見えるので撮っていて楽しい。

しかし、、

鳴子を持つ踊り子さんが違うと、まったく別の話になる。

これを言語で表現するのは難しい。写真を見て、それぞれが感じて欲しいと思っている。

なんといっても驚愕したのは、踊りの振りに合わせて鳴子の持ち方を変え、しかも、

それが一つ一つ、完成された美しい“絵”を創っていることだ。

私は勝手に“七色の鳴子捌き”と呼んでいるが。(笑)

指先から手首、肘、首の角度から目線まで、繊細に表現し、

時には広隆寺の弥勒菩薩のような雰囲気まで彷彿させる美しさ。

さらに!

左右とも同じ持ち方の時もあれば、左右で違う持ち方の時もあり、その表現力は無限の可能性を秘める。

また、指先だけではなく、鳴子を閉じたり、片側だけ開いたり、チューリップのように満開に開いたり、鳴子そのものも様々な優雅な造形美を創り出す。

踊り子さんだけではなく、鳴子そのものも踊っているような表情を魅せているのだ!!

どこまで意識しているかは分からないが、これらは、ほんまに凄すぎる!!

私はそれなりに動体視力があるので、カメラのファインダーを見ながらその鳴子捌きの鮮やかさに圧倒されっぱなしでした。

楽しそうに踊っていながら、実は、果てしなく奥深い、よさこいの“技”と“思い”が凝縮されている。

鳴子というと、鳴らすこと(音)へのこだわりもあると思うが、

私はもちろん音にも興味を持っているが、どちらかというと、

鳴子の美学(踊り子さんの思い) 鳴子の造形美(踊り子さんの踊りを含めた)に感銘を受ける。

スーパーよさこいを中心によさこいを見続けて8年目になるが、毎年新たな発見があって面白い。

私が感じている、よさこいは、本当に奥が深い。
by mydocumentary | 2010-04-28 01:04 | スーパーよさこい | Trackback | Comments(0)

そういえば…

昨日、英語のネタを書いたんでついでに…

10年ぐらい前にNHKの語学教材をプロデュースしたこともあり、インターネットを使ったビジネスとシステムを考えていた。

これは9年前に個人的に自宅で作ったもの。

約9年前はFlashのプログラミングがそれなりに出来たんでプロトタイプを作った。

当時流行してきたXMLファイルで問題を作成し、いつでも簡単に修正できるようにしている。

最後に個人情報を入力すると、CGIプログラムでCSVファイルを出力し、個人の成績を記録できるようにもした。(今回のは設定していないので、最後にエラーがでる)

本格的に作るとすれば、データベースサーバーを導入し、個人の得意分野や苦手分野を把握し、それぞれの個人に合わせた問題を提供するという仕組みを考えていた。

結局プロトタイプを作っただけで終わってしまったが、、今、同じものを作れと言われても作れない。(笑)

他にもいろいろやってきたが、今はこういったことにはあまり興味がなくなってしまった。

ただ、シンプルに、価値のある美しい写真を撮りたい。

それだけである。
by mydocumentary | 2010-04-22 22:27 | Trackback | Comments(0)

英語か~

f0105694_2250422.jpg

昔、英語が話せるようになりたくて、ほとんど独学で英語を勉強したことがある。

能力的には話すのが一番伸びたような気がする。

その昔ニュージーランドのおみやげ店でアルバイトしていた時、日本人ツアーが入っていなかった関係でほとんどのお客さんとは英語でコミュニケーションしていた。

ニュージーランド人スタッフが多い中でも3カ月連続で個人売上がトップになったこともある。

外資系の企業にプレゼンテーションしたり、海外ロケで交渉したり、、多少は役にはたったが、もうこれ以上は伸びないという、ある意味、自分の限界を感じてからはほとんど勉強しなくなった。

個人的には、日本語とは違う英語的な発想法が身についたのが良かったと思っている。

ただ、それが日本社会ではマイナスに働くことも多々あるが…。

街を歩いていると、英語はほとんど聞かない。

外国語で圧倒的に多いのは中国語。

観光地でも、お店のお客さんも、店員も…

もう私は新しい言語を勉強する気はない。

英語も最近はほとんど使ってないので錆びついてしまった。。

まあ、写真を撮り始めてから、言語以外のことに興味を持つようになってしまったこともある。

まったくまとまりのない文章だが、今日の英語学校関連のニュースを見て、あの英語ブームはなんだったんだろうと、感慨深い思いにかられてしまった。
by mydocumentary | 2010-04-21 23:19 | 風景 | Trackback | Comments(0)

おもろい! ~男子新体操~

こういうのもありなんだ~。

なにげに、コンビネーションの時間差が凄い!
by mydocumentary | 2010-04-14 23:00 | Trackback | Comments(0)

桜と日本人の感性

f0105694_23381815.jpg

この写真の桜の名所は全体的に美しい。

しかし、この写真のところとは違う、とある有名な桜の名所を見てちょっと考え込んでしまった。

もっとも桜との記念写真に適したベストのポジションに、超巨大な分別ゴミのゴミ箱がどっしりと居座っているのだから驚いた。

だいたい桜と美しく記念写真が撮れるような場所は決まっている。

1、桜の密度が濃い。
2、桜が頭や顔に近いところまで咲いている。
3、写真が撮れるスペースがある。
4、光の状態が良い。
5、背景にも奥行き感があり桜が見えて綺麗。

これらを本当の意味で満たしているのは、その桜の名所でも2カ所ぐらい。

その2カ所の、ちょうど桜の下のベストポジションに、巨大なゴミ箱があったりする。

世界中から桜を見に来た多くの観光客が、桜優先で、ゴミ箱の前で記念撮影をしていた。。

その写真を自分の国に持ち帰り、その国の家族や友達に見せるだろう。

広いスペースなので、他にゴミ箱を設置するスペースはいくらでもある。

これは同じところに人が殺到しないようにした安全上の措置なのか、それとも単純に等間隔にゴミ箱を設置しただけなのか… 私には分からない。

日本を代表する桜。これほど世界中の人達が見に来る花を私は他に知らない。

観光に力を入れている日本。

とにかくいま言えることは、私自身の信じる感性をできるだけ保っていきたいと強く感じるようになった。
by mydocumentary | 2010-04-13 00:05 | 風景 | Trackback | Comments(0)

ギッチリ詰め込む

f0105694_21124648.jpg

軽やかに撮るときはJPEG
ギッチリと情報を詰め込むときはRAW

これはもちろんRAWで撮影した。

これだけ縮小しても、花びらがしっかりと見れる。

もちろん画素数が増えればもっときっちりと見えるが、個人的には画素数はもういらない。

10年後、同じ質問をされてもそう答えると思う。

デジタル機器は、一般的には新しいものの方がいい。

でも最近は、古いものの方がいいと感じるときもある。

ある意味、成熟してきたということだと思う。

ビジネスに特化すると、ある部分のクオリティーが落ちる場合がある。

また反対に、クオリティーに特化すると、ビジネス的に厳しい場合がある。

10年後のデジタルカメラがどうなっているかは分からないが、個人的には今のカメラでも10年後に通用する写真が撮れるような気がする。

いや、撮ってみたい。

もっと言うと、撮れるような環境になって欲しい(修理対応も含めて)。
by mydocumentary | 2010-04-07 21:40 | 風景 | Trackback | Comments(0)
Profile
Contact Me

このブログの画像や文章を、事前の許可なく使用することを禁じます。

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
お祭り・イベント
競技・大会
スーパーよさこい
よさこい祭り(高知県)
風景
京都・奈良
老若男女
Photographic Art
海外
映像・動画
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

ブログパーツ