<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大らかさと開放感

f0105694_21595011.jpg

逗子マリーナ。

10代の頃、よく行った場所。

開放感があってとても素敵な空間。

敷地内にプールがあって、ユーミンが毎年コンサートを開いていた。

日本に活気があった時代。

そして、なんとなく大らかさがあった空気感を感じとることができた。
by mydocumentary | 2009-10-29 22:11 | 風景 | Trackback | Comments(0)

含有

f0105694_23205284.jpg

すべてが取り込まれていく。。

自由のようで不自由。

不自由のようで、自由に振舞う。
by mydocumentary | 2009-10-26 23:24 | Photographic Art | Trackback | Comments(2)

青柏祭

f0105694_22111810.jpg

写真としては新しくはないが、せっかく撮ったんでアップしておこう。

町の雰囲気がとても開放感があって、気晴らしには最適なところだった。

初めて行った所なのに、なんとなく自然に溶け込めた。
by mydocumentary | 2009-10-21 22:12 | お祭り・イベント | Trackback | Comments(0)

「鐘」と「仮面舞踏会」

天性の明るさと、伸びやかで可憐で美しい表現力を生かして欲しい。。(涙)

あの楽曲は、(振り付けも…)、個性を生かすより、コーチ自身の願望を追い求めているような。。

私の知っている範囲内での日本のフィギュアスケート界で、あんな逸材見たことない。

なんとしてでも、最高のポテンシャルを発揮してもらいたいと心から願う。

そして、楽しんでほしい。
by mydocumentary | 2009-10-20 00:39 | Trackback | Comments(0)

柔らかな文字の魅力

f0105694_2354716.jpg

私は“がんばって"と言うのも、言われるのもあまり好きではないかもしれない。

が、表現方法次第では、魅力的に感じてしまうこともある。
by mydocumentary | 2009-10-16 23:26 | 風景 | Trackback | Comments(2)

自然体

f0105694_2292321.jpg

相手がどんな立場の人だろうと、なるべく自然に、同じように接したい。

立場なんて、状況次第で変わるもの。

自然体の自分を保っていれば、演出するときに、自分や相手を客観的に見ることができる。
by mydocumentary | 2009-10-13 22:16 | 風景 | Trackback | Comments(0)

青い空

f0105694_231559100.jpg

開放感のある青い空を見ると、あまり使っていないある部分の脳細胞が甦る。

いろんなものを実物より美しく表現することが可能な写真だが、、

青空は…

肉眼で見た世界には勝てない。。

自然は偉大なのだ。
by mydocumentary | 2009-10-07 23:23 | 風景 | Trackback | Comments(0)

ポテンシャル

f0105694_21534381.jpg

かき集められた落ち葉。

初めは撮る対象ではなかったが、よく見たら被写体としてのポテンシャルを感じた。

“これは、ちょっと手を加えれば輝く被写体になる”

ということで、画像ソフトで被写体の長所を強調してみた。

あらま~!

花の写真に負けないぐらいの、魅力的な写真になってしまった。

輝ける可能性に挑戦することは、とても素敵なことだ。
by mydocumentary | 2009-10-05 22:04 | 風景 | Trackback | Comments(0)

國士舞双

f0105694_1958195.jpg

チーム名は、國士舞双。

今年の國士舞双は“強い”!!

そんな表現がピッタリな今年の演舞です。

まず、楽曲がいい!!

よさこい節のアレンジには洗練されたクリエイティブティーを感じ、段々と畳み掛けるような、迫ってくるような臨場感は、心地良い高揚感を感じさせてくれる。

そして、振り付けがいい!!

この楽曲と踊り子さんの特徴を生かしたスケールの大きなダイナミックな演舞は圧巻。

さらに、踊り子さんがいい!!

楽曲、振り付け、踊り子さんの魅力が、至高のレベルで強力なトライアングルを形成し、爆発的なシナジーを生み出した。

ここで感覚的な話ではなく、マニアックな視点から一つ。

このチームの踊り子さんは手首、肘、肩の関節などの柔軟性が高いのと、関節可動域が広い人が多い。

そのため、踊りが大きくダイナミックに見える。

さらにこの動きは、腕を上げる下げるという動作の中で、減速したり加速したりするなどの加速度を表現し、リズムにメリハリを付けながら、大きなしなりやうねりを生み出す。

そして、手首、肘、肩の関節が、それぞれ違ったスピードで弧を描き、提灯や鳴子などの動きも加わることによって、一つのリズムの中に複合的な動きが美しいアンサンブルかのように繊細に表現されている。

とても激しい踊りの場合、踊り子さんだけが楽しんでいるように感じてしまう演舞もあるが、

國士舞双は違う。

このチームの踊り子さんはどんなにダイナミックに踊っていても、頭と顔の軸がぶれず、観客に表情やメッセージがしっかりと伝わる。

激しい踊りにも拘らず、観客と一体となった演舞ができているのは本当に素晴らしい。
by mydocumentary | 2009-10-01 22:26 | Trackback | Comments(0)
Profile
Contact Me

instagram.com/shine_people_japan

このブログの画像や文章を、事前の許可なく使用することを禁じます。

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お祭り・イベント
競技・大会
よさこい祭り(高知県)
風景
京都・奈良
老若男女
Photographic Art
海外
映像・動画
未分類

記事ランキング

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

ブログパーツ